小さく、厚みがあり、カリッとした歯ごたえで湯気が立つほど熱々です。

1930年代から受け継がれる、カリッとした歯ごたえで風味の良い、真似することのできないパンピザのためのレシピ。

一般的なナポリタンピザと比べると、より小さく、厚みがあり、生地はカリッとしています。

アル・パデッリーノ

イタリア語でLa pizza al tegamino(ラ・ピッツァ・アル・テガミーノ)と言われるパンピザは、”al padellino”(アル・パデッリーノ)とも呼ばれます。これはピエモンテ州の伝統料理のひとつです。

一般的なナポリタンピザと比べると、小さく、厚みがあり、生地はカリッとしています。

それでは、どのようなやり方で美味しく仕上げるのでしょうか?

160グラムの生地(一般的なピザにはおよそ180~200グラムの生地を使います。)を伸ばし、アルミ製の、あらかじめオイルを塗った浅く小さなフライパンに直接生地を置きます。

それからトマトソースを塗り、約6~8時間寝かせます(イースト発酵)。その後、具を載せ石窯の中へ入れ、焼いていきます。私共では最高品質の食材と石窯を使っております。